■ 神奈川新英研12月例会

2023年12月
<< '14年'15年'16年'17年'18年'19年'20年'21年'22年'23年'24年
3月5月7月9月10月12月

■12月例会(オンライン)報告 (文責:和田さつき)


2023 年12月17日(日)午後3 時~5 時30 分、オンライン(Zoom)、参加者16名。

1)中学校実践報告:「心を動かす授業づくり~折句の詩・100人村ワークショップ~」

藤本文香さん(東京・中学校)
 広島の原爆の内容についても東京だとサラッと流してしまうと生徒は「そうなんだ」で終わってしまうとのことでしたが、そうならないよう「生徒の心が動くように」発問を工夫されたり、画用紙での作品作りにつなげたりされていて素晴らしい実践でした。新英研での学び(こもれび塾)が生かされていると感じました。

●レポーターから:

 10年前から非常勤講師として東京都の公立中学校で働いています。主にTT授業のT2 や少人数授業の一部を担当してきましたが,教科書が変わった2021年度,初めて3年生を主担当として指導することになりました。試行錯誤の中,東京の安部直子先生,阿原成光先生の勉強会「こもれび塾」をはじめさまざまな勉強会に参加させていただきました。そこでの学びから,日々の授業を生徒たちの心に届くものにしたい,生徒たちの心が動くような瞬間を提供したいと考えるようになりました。
①「世界がもし100 人の村だったら」の体験型授業
英文から数字データを見つけるだけで世界の現状を読み取れたといえるのかという疑問から「ワークショップ版・世界がもし100 人の村だったら第6版」(開発教育協会)を使って実践を行う。「役割カード」に従い実際にグループを作ったり,クイズに答えたりしながら世界の現状を実感。授業後,ふだんは授業に参加しづらい生徒が一番に感想を提出した。何かを感じ取ってくれたのではないかと思う。
②3年間を締めくくる言葉を「折句」で表現。

豊かな自己表現をめざした1年間の授業の結晶の数々を紹介します。

●「読み取り」について

①最終目標は自己表現:自分の思いや考えをだれかに伝える。
ていねいな読み取りから,使える表現を増やすこと,内容を豊かにすることにつなげたい。
②ていねいな読み取りのために心がけていること:導入で読みたい気持ちをつくり、何のために読むかを目的として、発問を工夫。

●実践例(1)『Here We Go!』(光村図書)

導 入
読みたい気持ちを育てる
→前単元とつなげる,内容に関する写真や動画などを提示する
目 的
何のために読むかを明らかにする
→読んだあとにどのような活動が待っているかを伝える。
「単元MISSION」
発 問
読み取りにつながる問いかけを,さまざまな方法で,あらゆる場面で行う
●音読: 強弱,速さ,気持ち,なりきり音読
例)「(音読するときの)声の高さは?」と発問する。
→内容に合わせて、モデルリーディングでも低めの声で話している。
●内容理解課題: T/F, Q&A, Think, 次のせりふ
例)3年 Unit3 Lessons From Hiroshima
「いちばん伝えたい単語は?」と発問する。それぞれの文で考えさせる。
「世界平和のために何が出来るか」→授業中に振り返りシートを自由に書かせて、通信でシェアする。
例)2年 Unit3 Plans for the Summer 夏休み課題
夏休みに調べ学習したものをポスター掲示:「原爆」「オリンピック休戦(オリンピック期間中にいかなる戦争・紛争も停止するという国際的ルール)」などについて、英文(和訳)とイラストを描かせた。
例)What Happened after Unit 3 Part 1/2? という設定で「英語で会話文を作る+イラストを描いた」
協同学習
1人で読まなくてもいい,みんなで協力して読み取る
→ ペアワーク,グループワーク,リーダーズ・シアター

●実践例(2) 「世界がもし100 人の村だったら」の体験型授業

※藤本さんの思い:データを読み取る単元だが「教科書にある表に数値を書き入れるだけで生徒の 心が動くのか?」「該当する数字を見つけることができること=読み取りができていると考えてよい か?」と疑問に思い、ワークショップに挑戦してもらった。

方 法
① 役割カード配布。生徒は1 枚ずつ「役割カード」を持ち,指示に従って動く。
Children 26% (日本13%) → Sit down on the floor と指示→ 床に座る
Adults 65% (日本59%) → Stand up.と指示→ 立つ
The elderly 9% (日本28%) → Be seated.と指示→ イスに座る
〈役割カードの例〉
 役割カード16 ☆
 年齢: 子ども
 地域: アジア
 言語: パンジャーブ語
 ◎
 役割カード15 ○
 年齢: 大人
 地域: アフリカ
 言語: アラビア語
 बस्नुहोस (バスヌホス)
 「座ってください」という意味です。
 これを見せられたらその通りにしてください。

② 実際に体を動かしてグループを作ったり,クイズに答えたりしながら,世界の現状(識字率、富の再分配など)を実感する。
気づき
●識字率について:Which one do you choose? → water/poison/medicine をカンボジアの文字で紙コップに書いて、「文字がわからないと子どもに毒を飲ませることになってしまうかもしれない」と話す。
●生徒の反応:Google クラスルームで感想を書いてもらった。授業をいつも聞いていない男子がすぐに感想を書いてくれた。また、英語がよく出来る女子が「今日の授業は面白かった」と感想を言ってくれた。

●実践例⑶ Acrostic Poem(アクロスティック ポエム 折句)

・You Can Do It!③ 3年間を締めくくる言葉を考えよう 『Here We Go 3!』(光村図書)
導入はごく簡単にして、豊かな自己表現をめざして1年間の授業を進め、最後の単元で生徒たちが詩を作った。treasure, change, youth, together, amazing, season, enjoy, badminton, smile, future, departure などを生徒は折句にしていた。
■実践例(3)についての質疑応答
参加者:badminton の折句で、Bad things and good things made me grow. と書いていた。
素晴らしい。うちの生徒だと悪いこと(bad things)があると、保健室に行ってしまったりして、学校に来なくなってしまう。
藤本さん:「こもれび塾」の先生方だったら、自己表現までもっていくだろうと思って、教科書の4つの詩を読んで、書いて(描いて)みようと。画用紙に描くのは、今までの積み上げがあってできた面がある。

●おわりに:

生徒たちに助けられながら無我夢中で走り抜けた1年間でした。その後も順に中学1年生,2年生を担当していますが,読み取りを自己表現に結びつけるための読解力や文法知識の定着,全体的な英語力の底上げなど,取り組むべき課題は常に山積みです。今後もさまざまな実践から学びをいただきながら,目の前の生徒たちを大切に,一つ一つの課題に向き合い,ていねいな指導を心がけたいと考えています。


●参加者の感想


2)高校実践報告:「読解とスピーチにひと工夫~ちゃんと読む・話す~」

小原百合子さん(静岡・浜松湖東高等学校)
「教科書をちゃんと読む」ための仕掛けとして「ノート作り」(左に授業プリントを貼る、右に授業中のメモ)を指導されていて、生徒にとって安定していて取り組みやすく工夫のある実践報告でした。

●レポーターから:

教科書をちゃんと読むとは、

だと考えます。
英語を自分の言葉としてちゃんと話すとは、

と授業を組み立てています。

方 針
教科書をちゃんと読む=答え探し(T/F やQ&A の答えを探す)にならないようにする
授業でワークシートを使って内容理解させて「ノート作り」
→音読練習・単語クイズで知識定着
「ノート作り」=左に授業プリントを貼る、右に授業中のメモ。
実践①
教科書『Vivid Ⅱ』 Lesson 6 Nature for Next Generation
Q(発問)「小笠原諸島の環境保全に関して責任を誰が取るか?」
→答えの選択肢+根拠となる英文抜粋
2 時間のグループ(3人)活動:小笠原諸島のHP にある英語版パンフレットを抜粋して印刷して配布。読むところを分担して内容理解。小笠原諸島の観光案内所職員になったつもりで旅行者の質問に答える想定。
Q(発問)「どのくらいの頻度で船は出ますか?」「船内で携帯使えますか?」「夏のハイキングの準備は?」
宿題で予習・復習で単語調べ、summary
実践②
Peace Speech
①The Peace Book を使って、ブレインストーミングする。
②What is peace? Peace is learning another language. Tell me more. を問いかける。ALT の先生の模範例を見て、自分の答えを書く。
③スピーチの雛形に合わせて書く。

●参加者の感想


■参加者の近況


■授業などに関して困っていること

■今後の例会で取り上げてほしいテーマ、話を聞きたい講師・レポーターなど




日 時: 2023年12月17日(日)午後3:00~5:30
実施方法: オンライン
日 程: 3:00 ~ 入室開始
3:10 ~ 3:55 中学校レポート
3:55 ~ 4:10 質疑応答
4:20 ~ 5:05 高校レポート
5:05 ~ 5:20 質疑応答
5:20 ~ 5:30 事務連絡・アンケート記入
内 容: 中学実践報告
「心を動かす授業づくり〜折句の詩・100人村ワークショップ
〜」
  藤本文香さん(東京・中学校)

【内容紹介】を表示 ▼



高校実践報告

「読解とスピーチにひと工夫〜ちゃんと読む・話す〜」
  小原百合子さん(静岡・浜松湖東高等学校)

【内容紹介】を表示 ▼


 
参加条件: 神奈川支部会員、事務局が参加を認めた方
参加申込: 会報担当・和田にメールを下さい。URL、IDとパスコードを送ります。
@

(アイコンをクリックすると、メーラーからメールを送れます。)

PAGE TOP

(2023年12月3日掲載/2024年2月24日更新)