■ 東京新英研4月例会

2021年4月
<< '11年'12年'13年'14年'15年'16年'17年'18年'19年'20年'21年
1月2月3月4月5月
 新指導要領により、今まで高校で扱っていた仮定法は中学校で導入することになります。「いったいどう扱ったら良いのか?」教材研究から指導案まで、試行錯誤は続きます。中学校の現場は悩んでいます。そこで、今回は、高校で長く英語を教えていらした池田先生に、仮定法の指導に役立つ「ここは抑えたい、仮定法の心」というエッセンスを教えていただく機会を持ちます。
 これからの授業をどうデザインするかは、ワークショップ形式で、参加者間で意見交換して深めたいと思います。講義あり、フリートークあり、の有意義な時間を楽しみましょう!

東京新英研4月例会のお知らせ


日 時: 2021年4月24日(土)15:00~17:00
場 所: JICAセミナールーム 600 
(JICA地球ひろば 市ヶ谷駅より徒歩7分)
〒162-8433東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内)

<地図を表示>▼

内 容:
レポート
池田真澄さん(白梅学園大学、法政大学、武蔵大学)
「仮定法のエッセンス」 新しい学習指導要領では、中学校に仮定法が登場することになりました。仮定法は理解するのが難しく、現在完了形・関係代名詞と並んで、英文法を学ぶ上での一つの壁です。「仮定法のエッセンスはどこにあるのか、どう教えたらわかりやすいか、どんな教材や活動で身につくのか」について、今までの経験をパワポにまとめてみました。参加者の皆さんには、グループで取り組みながら、ご自分の生徒たちを思い浮かべながら何をどう教えるのか、イメージが湧いてくるようなワークショップにしていただけたらと思います。
参加方法: 現時点では、会場の参加とオンライン参加(zoom利用)と二つの参加方法を受け付けています。
参加申込方法: 下記のURLから必ず事前参加申込をしてください(4月22日までにお願いします!)。オンライン参加の方にはZoom参加IDとパスコード、参加費送付口座情報を事前にお知らせします。
→申込フォームURL:https://forms.gle/g6XC1rGwFQmtCmtf9
参加費: 東京支部会員 無料
非会員    500円
問い合わせ: 申込フォームでお問い合わせください。

PAGE TOP

(2021年5月2日掲載)