■ 神奈川新英研5月例会報告

2020年5月
<< '12年'13年'14年'15年'16年'17年'18年'19年'20年'21年'22年
5月7月9月10月12月

神奈川新英研創立50周年記念研修会の延期、5月例会



こどものイラスト
 5月10日に「神奈川新英研創立50周年記念研修会」を行う予定でしたが、やむなく1年延期となり、9日(土)にオンラインでZOOM例会を行いました。午後3時から2時間。15名参加。


●高校実践報告:英文法のルターさん、ライブ中継授業7年目

和田 さつき さん(京都美山高等学校)
  • 2003年創立のインターネット通信制高校。学校独自の学習システム(外部企業に委託)で、ライブ中継授業をしている(年9回、50分。生徒はチャットで質問・回答。授業の最後に質問2問に回答+授業の感想をデータ送信→CSVをExcelに変換)。当日は英語科ガイダンス(チェロキー族の祖父と孫の会話文)の授業を紹介。

  • ※「~から出る」get out of ~とget out~の解説法の提案があった。
    ①反対語のセットで理解
    「家から出る」get out of the house
    「家に入る」get into the house

    ②類義語のセットで理解
    「ドアから出る」get out the door
    「ドアを通って出る」get through the door

<参加者の感想>

  • 文法の弱いところがはっきりわかりました。精進し直します。
  • 教材量に圧倒されました。
  • いつもながら、興味深い分析に感心しました。
  • 文法のポイントがクイズ形式で進められるのがとても面白かったです。何を尋ねるかで面白さは変わると思いました。発音系モモっと細かく指導できればと思いました。
  • 楽しく、また奥深く学べる素晴らしい教材に感激しました!
  • 初回の導入の仕方が具体的で、これからやるイメージができました! とてもわかりやすいレポートで、あやふやだった文法の自分の勉強にもなりました。ありがとうございました。
  • レポーターから:英文法ルターとしてお伝えできて嬉しかったです。ありがとうございました。
  • 久し振りに和田さんのこだわりを貫いた濃い内容で、楽しかったです。
  • 最初音声が出なく、苦慮しましたが、スライドが分かりやすくかなり内容は分かりました。ありがとうございました。
  • いつもの和田節が久々に聴かれて満足しました。生徒の感想をたくさん表示されてよかったです。

●大学実践報告:オンライン授業の試行錯誤

吉牟田 聡美 さん(活水女子大学)
  • 4月後半からオンライン授業が始まり試行錯誤の毎日。オンライン授業には、オンデマンドとリアルタイム方式等があるが、折衷案をとりつつ3週間が経過し少しプラスマイナスが見えてきた。まず大変だったのは、学生のネット環境とオンラインへの意識を調えることであった。ZoomへのリンクがPC画面の右側に現れる場合にはスマホ画面に全部表れず、「リンクがない!」と困る学生が多々出てきた。
    役立ったツール二つを参加者で体験してみた。まずZoomのブレイクアウトセッションである。学生はクラスメートと邪魔の入らない活動ができることが楽しみのようで、評価も高かった。またWordOnline/Google Docのグループでの使い方も紹介された。15名を予め3名ずつの5グループに分け、シートに順番に英作文をしていくもの。いろいろ改善案も出され、楽しい試みだった。
    最後に、生徒からのフィードバックを集めるFormsというアプリなど役に立つリソースについて役立つ情報や意見が交わされた。

■参加者の感想

  • オンライン授業の実際に会った生徒のトラブルが分かってありがたかったです。
  • ポイントが絞られていてわかりやすかった。
  • 具体的な取り組みが伺えて勇気づけられました。
  • 実際にブレイクアウトセッションやグループワークができたのが面白かったです。グループごとにシート分けてもいいかと思いましたが、一括で開けておくと生徒のミスとかすぐチェックできますね。一長一短があると思いました。コロナ気をつけてください!
  • スキルアップに役立ちました!
  • 困っている点を、細かく具体的に教えていただき、とても助かりました。すごく実用的で、すぐに役に立ちそうです。ありがとうございました。
  • ブレークアウトルームでの活動やグーグルドキュメントで共同作業が体験できて良かったです。「iwa senの動画シリーズ」は岩瀬俊介さんであるという情報がチャットで書き込まれてたり、まさに情報共有ができて楽しかった。
  • 色々とついていけないことも多かったですが、ブレイクアウトセッションやグーグルドキュメントの体験は面白かったです。
  • ペアワークやグループワークもできることを実感しました。ありがとうございました。
  • テクニカルタームが多いですね。実際授業を行っている方の当事者の苦労がよく分かります。ネット環境整えるのも大変ですね。学生の順応力の高さに驚きました。


■ 近況、最近取り組んでいること

  • オンラインの流れについていけません。疲れています。
  • 授業動画等を見せるには、どのような方法がよいのでしょうか?
  • 発音指導について試行錯誤中です。アメリカ英語をもっと研究して、生徒のリスニング力向上のために発音指導をやりたいと考えるようになりました。
  • 教科や科目の担当者の方針が、揃わない(汗) デジタル教科書や音声が iPad に入らない(汗)
  • オンデマンド型オンリーの授業の準備が大変で、困っています。対面型と併用がベストではないでしょうか。
  • 4/6からテレワークのため、それに自分が慣れてきてしまっていること。通勤生活に戻れるかなぁ。
  • 全く次元の違うことですが、今年度から小学校5.6年の教科化になるわけですが、学校が再開された時にどのようにやっていくのかなと思っています。
  • Google classroomを始めていますが、連絡や解答配布に加え、ようやく解説動画を始めたばかりです。準備が不慣れだったり、特に職場のパソコン環境不十分だったり、また、著作権的なものも心配です。
  • 年金者組合の女性部事務局をしていますが、高齢者でZOOMは思いもよらない。携帯を持たない人もいる中で、電話、メール、郵送、ラインなどを駆使して女性部役員を励ましています。

■ 最近困っていること

  • またZoom例会しましょう。外に出られないのでありがたかったです。ありがとうございました。
  • 大変にタイムリーな企画をありがとうございました!
  • こまどりの会のご紹介ありがとうございました!
  • ベテランの方々のご意見を伺えて幸いです。今後とも宜しくお願い致します。
  • しっかり運営されていて、とても心地よく参加させていただきました。普段、物理的に参加する時間がなかなかないのですが、オンラインなので逆に参加しやすかったです。快く受け入れてくださって、ありがとうございました。これからも、お願いします。
  • 気楽なかんじでといいつつ、普段参加されない方も参加してくださったので、良かったです。
  • 今日は初めてのZoom会議体験でしたが、勉強になりました。自分がホストになることはないですが、Zoomの利点もわかりました。有難うございました。
  • ありがとうございました。
  • 年会費は現職の先生は少し値上げでもいいと思いました。




以下の内容を予定していましたが、中止し、オンライン会議での例会となりました。

●日時: 2020年5月9日(土) 
●場所:
大倉山記念館 ストリートビューの表示 ホール (Tel. 045-544-1881)
  東急東横線大倉山駅 下車 徒歩5分
改札口を右に出て右折、急坂上る

●参加費:
2,000円(支部会員1,500円 学生500円)
*講演のみの参加は1,000円となります。
*終了後に神奈川新英語教育研究会50周年記念祝賀会を行います。(完全予約制)
●内容:
(0)受付・事務連絡 9:30~10:00

(1)実践報告 10:00~11:00
羽田あずささん(横須賀市立田戸小学校)
「主体的で対話的な授業の作り方~学習計画からルーブリックまで~」
〇概要:小学校高学年の外国語科における「聞くこと」「話すこと」「読むこと」「書くこと」に児童が主体的に取り組む授業づくりの工夫をご紹介します。

(2)実践報告 11:00~12:00
吉岡潤子さん(品川区立荏原[えばら]第一中学校)
「生徒の人生に効く英語学習」
〇概要:これまで多くの卒業生を送り出してきました。その生徒たちとの授業の中で、様々なシーンが生まれました。その後の生徒たちにも残る力とは何か、英語の学びを通してつけたい力は何かを、生徒たちとのエピソードと共にお話しさせて頂きます。

(3)実践報告 13:00~14:00
石井博之さん(神奈川県立横須賀大津高校)

(4)講演 14:10~16:40
講師:田尻悟郎さん(関西大学外国語学部教授)
「英語教育の目的」

〇概要:2020年度から順次施行される新学習指導要領は小中高の外国語に大きな変革を求めていますが、言語教育に重きが置かれすぎているのではないかと危惧しております。国際教育と国際理解教育の重要性について改めて論じてみたいと思います。

(5)アンケート記入、まとめ 16:40~

(6)終了 17:00
●申込み: ※会場の関係で「予約制、先着順」とし、メールで予約を受け付けます。
 予約開始日は3月14日、申込先は
関口 昭男 qqfp6mg9k@jupiter.ocn.ne.jp
まで。件名を「神奈川新英研5月研修会申込み」とし、勤務先と氏名を明記してください。
*当初のメール送信先から変更になっています。
●その他:
  • 終了後に神奈川新英語教育研究会50周年記念祝賀会を行います。(完全予約制)
     会費 5,000円 
     20名限定の先着予約制となります。店の準備の都合で当日申込み参加はできません。希望される方は研修会の申込みと同時にお申し込み下さい。
  • 諸般の事情で研修会を中止せざるを得ないときには、神奈川新英研HPおよび当ページでお知らせします。

PAGE TOP

(2020年3月3日掲載/7月3日更新)