■ 神奈川新英研 7月例会

2017年7月
<< '07年'08年'09年'10年'11年'12年'13年'14年'15年'16年'17年
2月3月5月7月

神奈川新英研 7月例会のお知らせ


訂正とお詫び
当ページの当初掲載時に、 高校レポートのタイトルとレポーター名が間違えていました。お詫びして訂正します。(2017/07/04)

●日時: 2017年7月8日(土) 午後3:30~7:00
2:00 ~ 受付開始
3:20 ~ 受付開始
3:30 ~ 5:00 中学レポート[担当:日比]
5:00 ~ 5:15 休憩
5:15 ~ 6:45 大学レポート[担当:関口]
6:45 ~ 7:00 アンケート記入・事務連絡
●会場: 大倉山記念館 ストリートビューの表示 第1集会室 (Tel. 045-544-1881)
(東急東横線「大倉山」下車徒歩5分 改札口を右に出て右折、急坂上る)

●会場費: 500円(支部会員200円 学生200円)
[当日会員登録(年会費2,000円)で割引適用]
●お問い 
合わせ:
萩原一郎 クリックするとメーラが開きます。
●中学 
実践報告:
「ペアで生き生きし,辞書引きで創造性を 伸ばす英語学習」
棚谷孝子さん(平塚市立江陽中学校)
レポーターから:
入門期の生徒たちに英語特有の文構造と語彙を 丁寧に教え,ペア・グループでの学び合いを励ましました。教職最後の1年でしたが、見よう見まねで作ったパワーポイントによる授業の実践や、筆記体指導に取り組み、筆記体で書いたダイヤモンドポエムの自己表現を紹介します。
●高校 
実践報告:
「英語が苦手な生徒たちの人間性を育む授業の工夫」
石井博之さん(神奈川県立海洋科学高等学校)
レポーターから:
初任より2校10年間、実業高校で英語が苦手で、英語そのものに必要感のない子どもたちと向き合ってきました。実践の中で見えてきた答えの一つが、授業を通じた生徒の人格形成です。その過程で、英語の学び方や運用能力も身につけさせられれば、と思い日々授業をしています。本レポートでは、私の授業・教材観も含め、具体的な取り組みをシェアできれば、と考えています。ご参加のみなさまから、色々とご指導いただければ幸いです。

PAGE TOP

(2017年6月30日掲載・7月4日更新)