■ 西三河英語サークル9月例会
2004年9月
 村瀬敏浩@愛知西三河英語サークルです。9月24日に例会を開きました。参加は5人。

1 弘山先生(高)

 リスニングから入る授業実践。CD付きの市販の読み物教材のCDのみ生徒に配布、予習はテキストの音声CDを3〜5回深く聞いてくること。授業では、CDを2回流しメモを取らせ、ペアで内容を日本語で伝えあったあとに設問のみを配布し答え、そして、本文テキストを配付。
 また、教科書をコンピューターに取り込み、PowerPointでプレゼンテーションする授業実践。

2 杉浦先生(高)

 予習は、本文にスラッシュを入れながら通読し、辞書を引かないで読み進めることを勧めている。復習は音読で。

3 古井先生(高)

 スラッシュリーディングやシャドーイング、ペアリーディング、サマリーの穴埋め、文並べ替えなどさまざまなタスクをいれる。各課末の文法事項解説や練習問題を各課に入る前に解説し問題を解く。

4 瀬古先生(高)

 スラッシュごとに一人ずつ生徒を指名していく授業展開。

5 村瀬(高)

 英字新聞のオリンピック記事を3年の選択英語の時間に読む。

(2004年12月13日)
(連絡先:村瀬敏浩)